すすめる会 通信NO.186

*
2回目のワークルール講座、男性8名を含めて総勢26名の参加がありました。 今回の特徴は、講師を含め弁護士2名、社労士3名、行政書士、キャリアコンサルタント、地域労組の方、教員、市民館職員の方、神奈川ネットワーク運動の方、日本で働いている中国人の方、40代現役の方など、広範囲な集まりになりました。 それぞれ専門的な立場からの問題意識と、働く場からの発言が相互作用して熱心に豊かな意見交換ができました。3人の講師の横顔を紹介します。

すすめる会 通信NO.185

*
国連の軍縮会議で7月7日、人類史上はじめて核兵器を違法化する同条約が122カ国の賛成で採択されました。 コスタリカ出身のエレン・ホワイト国連議長と中満泉国連軍縮担当上級代表は、参加国の意見を対等平等に吸い上げ、粘り強い話し合いを経て同条約をまとめ上げました。 核廃絶を求める世界の世論が国連を動かしました。1970年に発効した核不拡散条約での5年ごとの再検討会議での削減では、核廃絶にたどり着けないこと。持つ国と持たざる国の2分化 は核抑止論を利するだけで、多くの国はおびえていなければならないこと。「二度と被爆者をつくるな」という被爆者の悲願。「悪魔の兵器をなくしてほしい」と被爆の実相を伝えながら広げ た核廃絶を訴える署名などの世論です。同条約の前文には2回も被爆者について言及しています。 日本政府は核保有国とともにボイコットしました。

すすめる会 通信NO.184

*
寸劇とクイズで学ぶ ワークルール。男性6名を含む20~80代の方々が、クイズに迷い、寸劇に笑い熱心に語りあいました。

すすめる会通信 NO.183

*
今年のテーマは “ワークルール” 今年度も応募していた、すすめる会の男女共同参画協働事業が採用になりました。 昨年度大成功した2回の協働事業「なぜ保育園足りないの」「非正規シングル女性の現実」の成果を踏まえて、テーマは “ひとりひとりの人権を守る働き方 ワークルール編” ワークルールに焦点をあてた2回の企画を、かながわ女性会議と共催で行います。若い世代に繋がる活動にしたいと思います。

すすめる会通信 NO.182

*
2017年度  第34回総会のご案内 4/23(日)13:30~16:00 場所:川崎市男女共同参画センター すくらむ21 第1部 総会すくらむ21★川崎 ・2016年度 活動報告/活動のまとめ 会計報告/会計監査報告 ・2017年度 活動計画案/予算案など/幹事改選 第2部 お話 講師交渉中 「自分を守る労働基準法の基礎知識」(仮題)

すすめる会通信 NO.181

*
 すすめる会が取り組んだ協働事業もおかげさまで多くの方に参加していただき、課題であった若い世代との協働も少し進めることができました。今年もご協力よろしくお願いします。

すすめる会通信 NO.180

*
参加者発言特集号 10/2(日)なぜ保育園足りないの私も輝きたいのに… 44名の熱気

すすめる会通信 NO.179

*
4人の女性議員も一緒に意見交換   吉沢章子さん(多摩区) 河野ゆかりさん(多摩区)    石田和子さん(高津区) 渡辺あつ子さん(宮前区) 普段聞けない現場の意見が聞けた! ゼミでも生かしたい(専修大学 学生) ゲストスピーカー3人から子育てと保育園のかかわりなどの話。会場からは、保育新制度で大変になった現場の状況や、職場復帰を前に入園が決まらないという赤ちゃん連れのママの切実な発言、民間保育園園長雇止め裁判の事例報告(弁護士)などなど…。女性議員4人からは川崎市の保育行政や課題がだされました。大学生7人の参加もあり(6人が男子)彼らの発言も光りました。20代から80代の多彩な方々と保育問題を共有する場になった集いでした。

すすめる会通信 NO.178

*
すすめる会の学習会 No.1 川崎市男女共同参画センター協働事業 3人のゲストスピーカー・参加者・女性議員が自由に語り合うなぜ 保育園が足りないの 私も輝きたいのに… 女性議員の方々も参加します! 第1回講座が近づいてきました。チラシも市民館や図書館などに配架されて、10月2日の講座の準備を急ピッチで進めています。8月初めに、昨年末インタビューをした女性議員6名の方々に電話して、ぜひ参加して欲しいと直接要請しました。7月に送った依頼状やチラシを見てくださっていて、「参加するつもりです」と4名の議員さんから返事をいただけました。 また、9月に入って、川崎市子ども未来局に川崎の保育園状況の最新資料の提供の依頼など、準備を進めています。3人のゲストスピーカーの方と市民と議員さんたちと、どのようなトークを展開したら、いい討論会になるか幹事会で相談をしているところです。

すすめる会通信 NO.177

*
女性議員連盟に参加協力を申し入れました 7月15日、川崎市議会各会派の女性議員の方々に、すすめる会の第1回協働事業「私も輝きたいのに…なぜ保育園足りないの」にぜひ出席していただけるように申し入れをしました。各会派とも予算要望作りなどに忙しくお会いできたのは、民主党と共産党の議員さんだけでしたが、事務局にお願いの文書を預けてきました。昨年末、6人の方々に「女性活躍推進法」についてなどインタビューをした折に、女性課題解決に向けて連携を深めていこうという話し合いをしていたので、期待したいと思います。
1 2 3 4 5