すすめる会通信 No.214

*
2020年代の今、まさか侵略戦争が起こるとは思ってもいませんでした。ロシアがウクライナに侵攻したのは2月24日、「侵略やめろ」の声が世界中に広がる中で、3月2日、国連総会は 「ロシア非難決議」を賛成141ヵ国で採択。その直後、3月4日未明にロシア軍はウクライナ南東部のザポロジエ原子力発電所を攻撃、原発を占拠。原子炉には着弾しなかったようですが、こんな時代の逆流を放置できません。声を上げましょう。

すすめる会通信 No.213

*
新年を迎えて、会員のみなさまお元気にお過ごしでしょうか。この2年間、コロナ禍で人が集まることが困難になり、すすめる会の活動も2021年はすくらむまつり、市民活動センター、なかはらっぱまつりの3か所でジェンダー平等を中心に展示紹介。すくらむ21や、会員が関わっているイベントに積極的に参加し、通信で報告しています。

すすめる会通信 No.212

*
今回の衆院選は、各政党に男女同数の候補者を擁立するよう努力義務を課した「政治分野における男女共同参画推進法」の施行後、初めて行われた国政選挙だった。 しかし候補者1051人のうち、女性は186人で17.7%。政党別では、与党の自民党(9.8%)と公明党(7.5%)はいずれも1割未満だった。ジェンダー関連の政策を押し出していた立憲民主党も18.3%と振るわなかった。 国は昨年末に閣議決定した「第5次男女共同参画基本計画」で、衆議院と参議院の候補者に占める女性の割合を、2025年までに35%に引き上げるという目標を掲げている。今回の選挙でこの目標を満たしていたのは、共産党(35.4%)と社民党(60.0%)の2党のみ。全体でこの数値を達成するためには、あと4年で現状の2倍に引き上げなければならない。

すすめる会通信 No.211

*
ごえん楽市に出展 。 パネル&動画で活動紹介をするごえん楽市が、9/1~30日までの期間、市民活動センターで始まっています。 今年のパネル展示のテーマは「SDGs(持続可能な開発目標)17を通じた交流」から、自分たちの活動目標が、どの分野に結びついているかを選びます。市内で活動している団体を知、つながるきっかけになることを趣旨に実施されています。ぜひ、お出かけください。

すすめる会通信 No.210

*
ジェンダー平等のかわさきへ ~性の多様性を認める社会へ~  ①選択的夫婦別姓の実現を ②同性婚 ③性の多様性とは 6月27日に行われたすくらむ21まつりに今年も参加しました。すすめる会は1階入口フロアに模造紙3枚に展示。 コロナ禍で、4つの講座とマルシェ、3グループの展示という規模でしたが、新しい指定管理者の方々の手厚いサポートで盛況でした。前年度2月のまつりから4ヶ月ということもあり、3グループとも「魅せる展示」発信力アップ。 見応えありました。

すすめる会通信 No.209

*
バトンを受け継いで 2021年4月1日に館長として着任いたしました納米と申します。 すくらむ21との協働事業として、みなさまがまとめられた「川崎の女性のあゆみⅡ」や「川崎の男女共同社会をすすめる会通信」を拝読し、川崎の地で長年にわたってジェンダー平等を目指してこられた「すすめる会」の皆さまの先駆的な活動に感銘を受けました。 皆さまが「すすめる会」として活動を始められた1985年は国連婦人の10年最終年にあたり、第3回世界会議がナイロビで開催された年です。10年後の1995年に北京で開催された第4回世界女性会議・NGOフォーラムには、「すすめる会」代表の吉見周子さんが市民代表のメンバーとして参加されたとのことですが、実は私も前職の仕事の関係でNGOフォーラムへ参加した思い出がございます。

すすめる会通信 No.208

*
コロナ感染がおさまらず東京・埼玉・千葉・神奈川県の緊急事態宣言が、3月21日まで2週間延長されることになりました。1月7日の発令から2度目の延長になりましたが、皆さ まお元気にお過ごしでしょうか。 コロナ禍の1年、様々なイベントが中止になり、10月のすすめる会の講座も危ぶまれました。しかしオンライン実施への動きは素早く、すすめる会の協働事業「非正規シングル女性の現状とこれから」もすくらむ21の2つの部屋をつないで、人数を半数づつ振り分け実施することができました。 4月25日に予定していた、2021年度の総会は、会員の方の負担を少なくするためにも昨年同様書面での議決にさせていただきます。会員が集まれないことはとても残念ですが、コロナ流行の状況が見通せないため、皆さんのご理解をよろしくお願いします。(Fujii)

すすめる会通信 NO.207

*
2021年が始まりました。コロナ禍の1年を過ごし、年明けと共に2度目の緊急事態宣言が発出され、期限は2月7日まで。果たしてパンデミックは納まるのか…。 早く普通の生活に戻れるように祈るばかりです。いつもとは違う新年ですが、今年もすすめる会をよろしくお願いします。  今年は最高裁大法廷で夫婦別姓をめぐる裁判が審理される見込みです。1996年に法相諮問機関の法制審議会が、選択的夫婦別姓制度導入の法改正を答申してしてから25年。すすめる会も、大きな期待を持ちながら注目していきたいと思います。

すすめる会通信 NO.206

*
コロナ禍で語る  非正規問題の今は… 最初にパネラーの菊池悦子さんが「どうして私は輝けないのか・個人の問題=社会の問題・コロナ禍と非正規シングル女性」を自身の非正規体験から話し始めると、会場は一気 にテーマに集中しました。 岩永先生は、菊池さんの話を受けるように、日本の「貧困」問題、「コロナショックの被害は女性に集中-雇用回復の男女格差-」と社会に潜む問題をえぐりだしました。 トーク&トークに移ると、次々に手が上がり、当事者の切実な発言が続くのは昨年ではない光景でした。自分のことを語ることに臆せず、具体的な状況が語られたのは、それだけコロナ禍で状況が逼迫しているのだと思えました。★大庭裕子(中原区)、大西いづみ(宮前区)、赤石ひろ子(多摩区)の3市議からも非正規問題を市政に届けるという発言が。

すすめる会通信 NO205

*
非正規雇用悪化131万人減 総務省調査(前年同月比)正規は維持 格差鮮明  9月2日の東京新聞1面に載ったこの記事、総務省労働力調査。「正規労働者は減っておらず、非正規が雇用の調整弁としてしわ寄せを受ける傾向が鮮明になった。パートやアルバイトが大きく減ったほか、派遣社員が16万人減と過去最大の下げ幅に」 女性の非労働力化 非正規が多い女性への影響が目立つ。 就業者 男性29万人増 女性18万人減 失業者 男性 5万人減 女性 8万人増  女性が仕事を一旦諦める「非労働力化」の傾向がでた。
1 2 3 6