がん患者さんを支えるコミュニティ  NPO法人 Spes Nova (スペース・ノヴァ)
*

Spes Novaとは

SpesNova_panflet_03

がん患者は、“がん”に罹患したときから最期のときを迎えるまで、“がん”から解放されることはありません。“がん”を抱えたままいかに充実した人生を過ごすことが出来るかは重要なことです。

状況に即した新しい生き方を再構築するためにも、将来に対する希望を見出せるように、多方面からのサポートが提供されるべきです。

がん患者を根底からサポートするには、病と闘う基本的な姿勢、つまり患者力に関する啓蒙活動と、それに続く「患者力」の育成が不可欠です。

その目標を達成すべく、NPO法人Spes Novaを立ち上げ、会員と共に活動をしています。

 

理事長
塩尻 瑠美
・臨床心理士
・ミクニ心理教育研究所 所長

顧問
門田 守人
・ がん研有明病院 名誉院長
・ がん対策推進協議会 会長

若尾 文彦
・ 国立がん研究センター がん対策情報センター センター長
・ 地方独立行政法人栃木県立がんセンター 理事

佐々木 治一郎
・ 北里大学医学部附属新世紀医療開発センター横断的医療領域開発部門
  臨床腫瘍学教授
・ 北里大学病院集学的がん診療センター センター長

高橋 修
・ 医療法人平和会 平和病院 理事長、院長
・ 横浜市立大学医学部 臨床教授

納富 信留
・ 東京大学大学院人文社会系研究科 哲学教授
・ 日本哲学会 評議委員 理事

 

(パンフレットより)

詳しくは「Spes Novaの考え」をご覧ください。


 

前のページに戻る ページの先頭へ