*

【報告】第18回多摩ふれあいまつり

tennzi 6月17日、第18回多摩ふれあいまつりに「川崎市育成会手をむすぶ親の会多摩支部」として活動展示で参加しました。
障害者とボランティアの団体が、活動を発表し地域の方々と交流するお祭りで、開始直後から親子連れやお年寄りなどで大変な賑わいでした。
H30多摩ふれあいまつり
  大ホールでのコンサートは、午前の部「神奈川フィルハーモニー管弦楽団メンバーによる室内楽弦楽四重奏&金管五重奏」で、普段敷居が高くてとても行けないと思っているものに、障害のある方や赤ちゃんなど誰でも気軽に参加できます。行進曲のパーカッションをお客さんが手拍子で担当という場面もあり、とても楽しそうでした。午後の部「みんなでコンサート」は出演者も元気いっぱいで、会場を和ませてくれます。
 他団体の方々とも顔見知りになることができて、とてもいい経験をさせていただいています.

オープニング

オープニング

神奈川憲章の啓発ブース

かながわ憲章の啓発ブース

 

前のページに戻る ページの先頭へ