*

活動紹介

katsudosyokai

研修会の開催 楽しい余暇活動 各支部の活動 人権を考える 広報紙の発行

 

<研修会の開催>

 研修事業推進委員会が中心になって、年に2回の研修会を開催しています。川崎市の制度やサービスについて、市の担当職員を招いて勉強したり、各分野で活躍されている講師を招いての障害児者に関する事柄について研修会を行っています。これらの研修会は、無料ですし、関心のある人はどなたでも参加できます。

 ページの先頭へ

<楽しい余暇活動>

  余暇活動委員会が計画した、海水訓練、緑陰訓練、春の一泊旅行を実施しています。海水訓練は、毎年、7月の下旬に、バスで海に出かけます。10月の上旬には、バスで緑陰訓練に出かけ、3月の下旬には、一泊旅行で会員同士の交流を深めています。参加費、申し込みについては、余暇活動委員会から配布されるチラシをご覧ください。

 ページの先頭へ

<各支部の活動>

  支部は、各区(川崎区には中央・田島・大師の3支部があります)と田島支援学校・中央支援学校とで構成されています。新年交流会や勉強会、バス旅行などを開催し、情報交換や会員同士の交流を図っています。また、地域とのネットワークづくりのために、いろいろな活動に参加しています。市への要望や当会の活動への参加などのとりまとめは、支部単位で行っています。詳しいことは、お住まいの区の支部長にお尋ねください。

 ページの先頭へ

<人権を考える> 

  権利擁護委員会では、障害のある人の権利や人権について考えたり、勉強したりしています。あんしんノートの書き方講習会の開催や研修事業推進委員会などと連携しながら研修会を行っています。

 ページの先頭へ

 <広報紙の発行>

 年に4回(5月1日、8月1日、11月1日、2月1日)、広報紙を発行しています。また、市民活動センターの応援ナビ、フェイスブック、ホームページで、親の会活動など各種情報を発信します。会員同士はもちろん、外部団体や関心を持ってくださる方々をつないでいます。

前のページに戻る ページの先頭へ